コンテンツ

どうして遠隔治療が可能なのか? 遠隔治療とは?

 

本来人間には(生命)エネルギーを送信、受信できる能力が備わっています。
ただ、日常生活を続ける間にエネルギーの送信能力は衰えていきます。
当院院長の毛塚は現在、エネルギーの送信能力を日々高めており、遠隔でエネルギーを送る事が可能となっています。

人間の脳の中には松果体という器官があり、患者はそこでエネルギーを受信することで、本来持っている自然治癒力が高め回復に向かわせる事が可能になります。

身体は全身が絶妙なバランスで構成されており、痛みの出ている部分に原因があるとは限りません。
また、原因が判明しても、その影響が痛みの出ている部分にだけ現れている訳ではありません。
身体全体のバランスに歪みが生じ、それが不調となって現れてくるのです。

自分の身体を一番わかっているのは、他でもない自分自身です!

遠隔治療とは、エネルギーを送る事で「自分で自分の身体を治す」ように自分自身のもっている治癒力に働きかける治療方法です。