コンテンツ

風邪・インフルエンザ

症状

ギックリ腰・寝違い・下痢・首・肩・背中・腰痛・胃痛・腹痛・頭痛・吐気・全体の倦怠感・疲れ。

解説

当院では風邪が有った場合、一番に風邪を治療します。

主訴は、腰痛・肩こり・筋肉に関係したものが多いのですが、風邪を見逃して、風邪が残った場合、主訴の症状だけを治療すると体は楽になりますが、体が風邪を治そうとして主訴の筋肉に有る生命エネルギーを使ってしまいます。そして、また主訴の腰痛・肩こりが痛み出すという事が起こります。

来院される患者さんの多くは未病状態の風邪で、体の中では病気になっている風邪と同じ、内臓器官が機能低下を起こし治療しなければいけない状態になっています。
治療は、カゼウイルス・免疫力を上げる治療・呼吸器・気管支・ノド・鼻・副鼻腔・脳・心臓・食道裂孔・胃、最後に熱を下げる治療が入ります。

この様な治療をすると、風邪の症状が楽になって来ます。