コンテンツ

熱中症

症例

カメラマンで結婚式の写真を撮っている間におきた様で、ポカリスウェットを飲んで凌いでいた。ぼんやり・頭がクラクラ・頭痛・体がぐったり・重い・汗のかき方がおかしかった。

治療

免疫として働く腎臓、胸腺、骨髄、このパターンを4回繰り返している。免疫力を上げるために行っている。
次に腎臓、延髄、脳幹、脾臓、肝臓、腎臓。 これも免疫を上げるために行っている。治療が終わるまで1時間ほど。2日後に元の体に戻ったと言っていました。

免疫力を上げるのがいかに重要かわかると思います。

原因

熱中症の原因は、体温が上昇して体調節機能のバランスが崩れ、体内に熱が溜まってしまう事です。

体温が上昇した場合、人の体は適度な体温を維持するために、汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして熱を体外へと放出します。

この機能が損なわれることで熱中症が生じます。 熱中症になる要因には環境要因、身体要因、行動要因の3つがあります。