整体とマッサージは骨と筋肉の違い

整体とマッサージはさまざまな部分で似ていると考えられていますが、実は根本的な施術部分に大きな違いがあるのも特徴です。

 

整体の場合、骨格をはじめとした背骨のゆがみやずれなどを治し、バランスを整えることによって健康や美容効果を見出す方法とされています。

 

対してマッサージの場合、骨格ではなく、筋肉の表面をもみほぐすことによって、固くなった筋肉や圧迫された血管、神経の不調を改善させる効果が期待される施術です。

 

一見似ているのですが、施術をする部位が大きく違うため、出てくる効果にも大きな違いがあります。

 

また、マッサージは国家資格であん摩マッサージ指圧師しか行うことができませんが、整体の場合は国家資格が存在しておらず、働きながら民間資格を取得する人が少なくありません。

 

ただし、国家資格ではないため、保険診療の適用外となります。

 

マッサージの場合は治療目的と認められた場合のみ、保険診療の対象です。